行事案内

人間行動進化学関連の研究会・シンポジウム

公開セミナー:ヒトの女性の配偶者選択は個人の生活史を通じて変化するか?:ボツワナの農牧民Kgatlaの配偶行動の個人差から

<日時>5月29日(水)16:50開始(質疑応答を含め約1時間半を予定)
<場所>東京大学本郷キャンパス 理学部2号館 402教室 http://www.bs.s.u-tokyo.ac.jp/biol/access.html
<講演者>寺本理紗 さん(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科アフリカ地域研究専攻)

ヒトの女性の配偶者に対する好みは、出産後に変化することが知られているが、そうした好みの変化がその後の実際の性行動にどのような影響を及ぼしているのかは明らかではない。哺乳類であるヒトの女性は、出産・頻回授乳・子育てを通じて男性よりも多くの養育努力を子どもに投資してきた。そのため、女性の場合は出産後に配偶努力から養育努力へのエネルギー投資量のトレードオフがおこり、進化の様々な段階を通じて子育てに協力してくれそうな男性をより好むようになる可能性が考えられる。しかし、ヒトの女性の場合、配偶者に対する好みと好みの変化が、実際の配偶者選択の際にどの程度反映されているのかについては研究が少ない。ボツワナの農牧集団Kgatlaの女性は、出産後に配偶者を選択するという再配偶(re-mating)傾向にあることが人類学の調査によって知られている。このような配偶パターンの社会において、2回目以降の配偶者選択はどのような基準に基づいておこなわれるのを解明することで、個人の生活史が(再)配偶の選択に影響するかどうかを明らかにすることができる。本発表では、ボツワナでのフィールドワークによって、実際に得られた性行動のデータから紹介する。結果として、女性の子どもの数に対応する父親の数は1-3+とばらつきがあり、何度も相手を変える女性と変えない女性が同集団内に混在することが確認された。発表では、2回目以降の配偶について、女性の配偶者の好みではなく、どのような男性との配偶を回避しているのかを検討した結果も報告する。また自分の子どもへの養育努力の高さを配偶者選択の基準とすることが、インセストアボイダンスの失敗につながる可能性についても議論する。

東京大学 進化人類学研究室 http://www.bs.s.u-tokyo.ac.jp/~shinkajin/
問い合わせ先・徳増(tokumasu.yudai [at] gmail.com)

 

Open the Barrel of UK-Japan ALE <Adolescence X Language Evolution>
– Enjoy Rich, Fruity, & Mellow Taste –

Free admission and no pre-registrations required (except for the post-symposium party)

Abstract:
We are running two research projects entitled “Adolescent Sociality across Cultures: Establishing a Japan-UK Collaboration” and “Evolinguistics: Integrative Studies of Language Evolution for Co-creative Communication”. These two projects share many topics, such as life history evolution, cultural transmission, social network, communication, cognitive development, and (allo)parental investment, including general evolutionary and ecological foundations of humans. This symposium provides an opportunity to explore ideas, to build research networks, and to advance more integrated approaches. We will welcome 7 speakers (including 5 researchers based in the UK) whose talks cover several aspects of the adolescent sociality and language evolution. Organizers hope that you can enjoy this symposium like ALE beer! (or your favorite something!)
– Adolescent Sociality across Cultures https://www.ucl.ac.uk/grand-challenges/news/2018/dec/adolescent-sociality-across-cultures-establishing-japan-uk-collaboration
– Evolinguistics http://evolinguistics.net/en/
Please visit the symposium webpage (https://sites.google.com/site/alesymposium2019/) for the latest information.

Date:
Friday, July 5th 2019

Venue:
Hongo Campus, The University of Tokyo
7-3-1 Hongo, Bunkyo-ku, Tokyo 113-0033, Japan
(The details will be announced later.)

On Tap Today (Program):
*Titles & abstracts will be available in April/May at the symposium webpage, and this program may be changed.
Hall opening at 12:30
13:00 – 13:05 Opening remarks by Masahito Morita (The University of Tokyo)
13:05 – 13:20 Project introduction (Adolescent sociality & Evolinguistics) by Emily Emmott (University College London) & Masahito Morita (U Tokyo)
13:20 – 13:50 Talk 1 by Emily Emmott (UCL) https://www.ucl.ac.uk/anthropology/people/academic-and-teaching-staff/emily-emmott
13:50 – 14:20 Talk 2 by Laura Brown (London School of Hygiene and Tropical Medicine) https://www.lshtm.ac.uk/aboutus/people/brown.laura
14:20 – 14:50 Talk 3 by Anushé Hassan (LSHTM) https://www.lshtm.ac.uk/aboutus/people/hassan.anushe
Break for 20 min
15:10 – 15:40 Talk 4 by Yudai Tokumasu (U Tokyo) http://www.bs.s.u-tokyo.ac.jp/~shinkajin/
15:40 – 16:10 Talk 5 by Harumi Kobayashi (Tokyo Denki University) https://www.researchgate.net/profile/Harumi_Kobayashi2
16:10 – 16:30 General discussion / Moderators: Mari Nozaki (Hirosaki University) & Atsuko Saito (Sophia University)
Break for 20 min
*The below section is also a lecture for undergraduate and graduate students.
16:50 – 16:55 Speaker introduction by Masahito Morita (U Tokyo)
16:55 – 17:40 Talk 6 by Ruth Mace (UCL) https://www.ucl.ac.uk/anthropology/people/academic-and-teaching-staff/ruth-mace
17:40 – 18:25 Talk 7 by Rebecca Sear (LSHTM) https://www.lshtm.ac.uk/aboutus/people/sear.rebecca
18:25 – 18:35 Summary & Closing remarks by Yasuo Ihara (U Tokyo)
*Each talk includes Q&A and switching time.

Post-symposium party: TBA

Organizers:
Masahito Morita, Yudai Tokumasu, & Yasuo Ihara
(Evolutionary Anthropology Lab, Department of Biological Sciences, The University of Tokyo)
If you have any inquiries or requests, please contact M. Morita (mmorita.human@gmail.com).

Sponsors:
ESRC-AHRC UK-Japan SSH Connections Grant “Adolescent Sociality across Cultures: Establishing a Japan-UK Collaboration” #ES/S013733/1
MEXT Grant-in-Aid for Scientific Research (KAKENHI) on Innovative Areas “Evolinguistics: Integrative Studies of Language Evolution for Co-creative Communication” #4903

We will take photos and record discussions for reports and publicity. Thank you for your understanding.

詳細はこちら

 

第4回 考古学・人類学のための形態測定学国際会議 仙台大会
The 4th Conference on the Archaeological and Anthropological Application of Morphometrics
MORPH 2019 Sendai

考古学・人類学においては、研究の対象資料(土器・石器・人骨等)の〈かたち〉はもっとも基礎的な検討課題です。形態研究の定量化、数理統計解析は、主観的・記述的な研究から、客観性・再現性が担保された科学として考古学・人類学が発展していくために、きわめて重要なテーマとなっています。とくに生物学を中心に発展してきた形態測定学の応用は、1990年代後半にヨーロッパ・アメリカを中心に提起されてきました。今回開催する「考古学・人類学のための形態測定学国際会議」は、そうした機運を背景に各国の若手研究者を中心に組織されたものです。従来の学会、国際会議と同様、基調講演と研究発表を通じて最新の技術・方法論とそれにもとづく研究成果を発表、議論するだけでなく、ワークショップを通じて技術の習得・共有を図ってきたことも特色です。
これまで過去3回の大会は、すべてヨーロッパで開催されてきました。考古学・人類学における形態測定学のさらなる発展と普及を考える立場からは、ヨーロッパ以外での開催が模索されてきました。そのような中、第3回大会に参加した日本人研究者と大会組織の中核メンバーとの間で次回大会の日本開催の可能性が議論されてきました。今回、日本側における実行委員会の組織、受け入れ態勢が確立されたことを受けて、開催に至りました。

開催要項
会 期:2019年9月13日(金)~9月15日(日)
会 場:東北大学知の創出センター(宮城県仙台市青葉区片平2丁目1−1)
東北大学片平キャンパス内 (アクセス

開催組織
主 催:第4回考古学・人類学のための形態測定学国際会議仙台大会実行委員会

共 催:東北大学学際科学フロンティア研究所
東北大学文学研究科考古学研究室、東北大学知の創出センター
日本情報考古学会

詳細はこちら