行事案内

人間行動進化学関連の研究会・シンポジウム

進化生物学による女性間の関係の理解-持続可能なジェンダーパリティにむけて

日時:2021年3月16日(火)10:00 – 16:30(オンライン開催)

女性の人権保障や地位向上にはジェンダーパリティ(男女比の均衡。以下 GP )の向上が必要です。他方、女性の社会進出を阻害する要因としてクインビー・シンドロームが指摘されています。 本研究集会では、女性間の攻撃性と協力性について進化的な観点から考察し、 GPの改善に持続性を持たせる方策を検討します。研究者・学生・一般の方、どなたでもご参加いただけます 。

プログラム

10:00 – 10:20 開会挨拶・趣旨説明  松本晶子(琉球大学) 

10:20 – 11:00  霊長類におけるメス間の対立と協力  小田 亮(名古屋工業大学) 

11:00 – 11:40  ヒトの協力と競争の進化、そして性差  大槻 久(総合研究大学院大学) 

11:40 – 12:30  休憩 

12:30 – 13:40  Lesser apes? What can female apes tell us about social relationships? ※日本語翻訳有  Melissa Emery Thompson(ニューメキシコ大学) 

13:40 – 13:50  休憩 

13:50 – 14:30  脳・こころ・ジェンダー:発達認知神経科学的な視座から  平井真洋(名古屋大学) 

14:30 – 15:10  女性同士の葛藤は、性的競争かストレス反応か?  坂口菊恵(東京大学) 

15:10 – 15:30  休憩

15:30 – 16:30  総合討論 松本晶子、小田亮、大槻久、平井真洋、坂口菊恵、大平英樹(名古屋大学)

・研究者、学生、一般の方、興味のある方はどなたでもご参加いただけます。
・参加費用は無料です。

ご参加希望の方は、下記のリンクより参加申込書にご記入・ご送信ください。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfYeAeaYmDDfS1w0prjgdxsM7-LLajOSottQTNLnINEWzGayQ/viewform?usp=sf_link

お申込み〆切は、3月13日(土)21:00です。

「参加申込書」をご記入・ご送信いただいた方に、3月14日(日)午前中、研究会ご参加のためのZOOMリンクをお送りいたします。
14日正午になってもリンクが届かない場合には、お手数ですが、 evolugend@gmail.com にご連絡いただきますようお願いいたします。

皆様のご参加を心からお待ち申し上げております。

フライヤーは名古屋大学ジェンダー・リサーチ・ライブラリのページからダウンロードできます。

以上。

<案内を募集しています。ご希望の方は常務理事の小田までご連絡ください>